月相と運のサイクル






CURRENT MOON
・・・リアルタイムで月相を表示しています・・・




月について知り、月とともに暮らすために。
このページでは月のサイクルの天文学的基本をおさえたうえで
占星術的な意味にふれていきます。
月関連のおすすめWEBサイト・ダイアリーなども紹介。



■2017年の新月と満月および星座


2017年・年間の新月と満月、日食と月食
およびそれぞれの星座位置の一覧表です。

満月 1月12日(木) 20:35 蟹座
新月 1月28日(土) 9:08 水瓶座
満月 2月11日(土) 9:34 獅子座 半影月食
新月 2月26日(日) 23:58 魚座 金環日食
満月 3月12日(日) 23:55 乙女座
新月 3月28日(火) 11:58 牡羊座

満月 4月11日(火) 15:09 天秤座
新月 4月26日(水) 21:17 牡牛座
満月 5月11日(木) 6:44 蠍座
新月 5月26日(金) 4:46 双子座
満月 6月9日(金) 22:11 射手座
新月 6月24日(土) 11:32 蟹座

満月 7月9日(日) 13:08 山羊座
新月 7月23日(日) 18:47 獅子座
満月 8月8日(火) 3:12 水瓶座 部分月食
新月 8月22日(火) 3:31 獅子座 皆既日食
満月 9月6日(水) 16:04 魚座 
新月 9月20日(水) 14:31 乙女座

満月 10月6日(金) 3:41 牡羊座
新月 10月20日(金) 4:13 天秤座
満月 11月4日(土) 14:24 牡牛座
新月 11月18日(土) 20:43 蠍座
満月 12月4日(月) 0:48 双子座
新月 12月18日(月) 15:32 射手座



■月相と太陽


月の満ち欠けは太陽と月と地球の位置関係から生じます。
天文学の基礎の話になりますが・・・
月は約29・5日で地球の周りを一周します。
その間に三つの天体の位置関係は変化していきます。

新月とは地球からみて太陽と月が同じ方向で重なっている状態。
昼間の間に太陽と月がともに昇りますから
月は太陽のひかりにかきけされて見えません。
地球上では一方の方向から強い重力場がはたらきます。

満月とは地球からみて太陽と月が真逆にある状態。
太陽が西の空に沈むと月が東の空から昇ってきます。
太陽の逆方法にあるので太陽の光を全面に浴びて反射しています。
地球上では正反対の方向から重力がかかっています。

その中間の期間が、月面が半分だけ輝いている
上弦の月そして下弦の月になります。




■月相と月星座の関係


月は黄道12星座を約27・5日のサイクルで一周りしています。

星座で考えれば新月とは太陽と月が同じ星座の同じ度数で重なっている
つまり0度=コンジャクションの星座にあたる配置ということになります。
満月は真逆つまり180度=オポジションの星座配置です。
上弦の月と下弦の月は90度=スクエアの配置になります。
よってその時の月相からおおよその月星座を知ることが可能です。
たとえば太陽が射手座を通過する12月半ばの満月であれば
月は射手座と逆の星座である双子座を通っていることがわかります。

月相と月星座の周期のずれがあるため、新月が生じる位置は少しずつずれていきます。
たとえばある年の4月の新月が牡羊座後半なら翌5月の新月は牡牛座後半で生じます。
翌年には新月は4月後半に牡牛座のはじめの度数で起こります。



■月相とものごとのサイクル


月相(月齢)の推移は個人と集団の双方の心理の動きに対応します。
新月では太陽からの影響と月からの影響が正反対にかかる状態にあります。
そのため何か取り組むべき課題・解決すべき問題がクリアに浮上してきます。
そこで新月をむかえる時は願い事によよい時とされています

新月から満月までの間は何であれ拡大していく期間であり、
インプットすること、増やすことに適しています。
感情面では意欲も、あるいは不安も高まっていきます。
満月をむかえる前後は物事が極点に達し、何らかの結果が出るとき。

月が欠けていく間は何であれ制限し減らしていく期間です。
ここまでの結果を受け止めながら
得られたものを活用しアウトプットするときでもあります。

新月を迎えるとともに新しいサイクルがはじまります。
社会的・集団的アクティビティーには月齢サイクルの影響はとても大きいです。



■月の星座


一般的に言う「私は××座」というのは太陽星座のことですが
出生時の月の星座も同等に重要なポイントです。
太陽は意志と理性を、月は感情を司ります。
ちょっと占星術を知っている人同士が話しをすれば
かならず「太陽星座は××で月星座は××」というような話題に。
なおインド占星術の宿曜ではこの月の位置を最重要視しています。

運行中の月があなたの出生時の月に重なるのがルナリターン(月回帰)です。
リターンのあと月が同じところに戻ってくるまで、おおよそ29日間が
あなたの約一ヶ月単位の運勢サイクルになります。
あなたの出生時の太陽やその他の星の配置全体に対して
月は一定の影響をあたえていきます。

数ヶ月間も自分でで観察していれば、どの配置のときに活発になるか、
大人しくなるか、人に会いたくなるか、・・・ななどどが把握できるようにます。
そうなれば今後の予定なども立てやすくなるでしょう。
※あなたの月星座の確認は無料鑑定で。>>占星術無料鑑定
※月回帰を含む運勢鑑定をうけつけています。>>占星術総合鑑定


■月のボイドタイム


軌道上で上である星が別の星と特定の角度をとった後で
次に別の星と角度をとるまでの間は、その星のエネルギーが浮いてしまいます。
これをその星にとってのボイドタイムと呼びます。
その中でもとくに月のボイドタイム=ムーンボイドは
仕事にしろプライベートにしろ日々の生活の中で
多くの人が影響を実感するものです。
この時間帯にはふだんの判断基準を見失って浮ついた気分になり、
間違った決定をしたり、決定が無効になったりしがちなので要注意。
無難な雑事をこなすのがよいとされています。

月のボイドタイムは数日毎に数時間〜一日ほど起こります。
日々チェックして”まちがった決断”を避けましょう。
これを知っているだけでも大きくちがってきます・・・。
>>2017年の月のボイドタイム一覧表



今現在の社会の動きもそして、あなたの心の動きも
月からの影響を刻々と受けているのです。
女性は男性よりも一層月の影響を強く受けるようです。
月は女性を表す天体であることも関係しているようです。




■月相(月齢)と月星座のカレンダーとダイヤリー他


webサイト

>>The Moon Age Calendar
月齢カレンダーの表示、プログラムの配布、月と地震など自然現象との相関など
もりだくさんなコンテンツ。サイトデザインが美しい。1997年にはじまった老舗サイトです。




>>ムーンカレンダー Living with the Moon
MyAstroChart内のコンテンツ。月相と星座位置のカレンダーが表示できます。
内容を理解するには占星術記号の知識が必要。
月カレンダーの冊子版(A4サイズ)も毎年刊行されています。
>>2017年版Living with the Moon 〜新月に願いを〜





ダイアリー

>>松村潔『ムーン・ダイアリー'17』技術評論社
研究家・松村潔氏の制作しているもの。A6文庫本サイズ・ソフトカバー。
見開き一週間。月相と月星座、ボイドタイムなどを表示しています。
新月の願い事などの書き込み欄あり。
月星座と月相にそった暮らしをナヴィゲートする。

ムーン・ダイアリー'17 (Gihyo merlin books)


>>石井ゆかり『星ダイアリー』幻冬舎
石井ゆかり氏の製作しているもの。B5単行本サイズ・ソフトカバー。2017年版から12星座ごとに分けての出版となりました。
年/月/週のカレンダー。週間カレンダー右ページはメモ欄(罫線)。
月相と月星座、ボイドタイムはもちろんのこと
タイトルからもわかるように他の主要惑星をもフォローしたダイアリー。
西洋占星術の知識のある人向け。簡易天文暦としても使えます。

星ダイアリー201



スマートフォンアプリ

>>Deluxe Moon

月相と月星座位置を表示するスマホ/タブレットアプリ。Apple版とAndoroid版の両方あり。
有料版のみボイドタイムも表示し、日づけ移動できる。
無料版はリアルタイムの表示のみ。
>>Andoroid版
>>Apple版







HOME



(c) 2001-2017 西洋占星術★JEEPSTAR